So-net無料ブログ作成
-| 2010年07月 |2010年08月 ブログトップ

西新井病院の医療提供とは考えてみた

西新井病院の医療提供とは考えてみた



※下記を確認下さい。

・生化学自動分析装置

少量の血液(血清)から肝機能、腎機能、循環器機能、脂質、糖尿病関連、電解質等の多くの情報が西新井病院では短時間で測定することができます。



・MDCT

西新井病院では高速マルチスライス精密検査が受けられます。

瞬時に16断面(スライス)が同時に撮影できる技術を搭載しており、頭部から胸部、腹部など全身の断面像(輪切り写真)や立体像(3D)の鮮明な画像が得られます。



・MRI

西新井病院では患者さんに優しいMRIを導入しました。

従来のMRI装置では工事現場のような大きな音が発生していましたが、当院では騒音を軽滅することにより検査時の不安や緊張を回避できるようになりました。解像度の格段に向上し、頭部や頭部血管以外にも全身の繊細な画像を得ることができます。



・RI

西新井病院では放射性医薬品(RI)を投与し、専門のカメラ(ガンマカメラ)で撮影することにより体内臓器の位置や大きさがわかります。これをもとに、病気の有無とその場所や大きさが明確になります。また放射性医薬品が臓器に集まる時間や分布状態から、その臓器の働き(機能)もわかります。



・心血管造影装置

心血管造影とはその名のとおり心臓の内腔(ないくう)、血管を写し出す手法です。各部位・臓器に適したカテーテルと呼ばれる1mm径から2mm径前後のプラスチック製チューブを目的とする血管内に挿入し、そのカテーテルを介して造影剤を注入しX線を使って連続的に血液の流れを撮影します。特殊な検査であるため各臓器・部位を専門とする担当者が実施します。当院では脳神経外科ならびにハートセンターを中心に西新井病院では積極的に心血管造影装置を用いて診療を行っています。



・超音波診断装置

心臓、乳腺、甲状腺、頚動脈、四肢の動脈、静脈など全身のあらゆる部位の検査を西新井病院では専門の検査技師が行います。



交通についてはこちら西新井病院※googleマップ



ここでは西新井病院に関するサイトを紹介しています。

西新井病院 ※引用 Wikipedia

西新井病院求人情報 ※引用 ナースの転職 看護roo!(カンゴルー)

西新井病院病院紹介 ※引用 ここカラダ

西新井病院病院紹介 ※引用 口コミ病院検索QLife(キューライフ)



西新井病院関連ブログ



1.西新井病院その1

2.西新井病院その2

3.西新井病院その3

4.西新井病院その4

5.西新井病院その5

6.西新井病院その6

7.西新井病院その7

8.西新井病院その8




-|2010年07月 |2010年08月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。